オタ風とその利用方法

オタ風(おたかぜ)とは、役牌ではない風牌を指す呼び方です。東南西北の4種の風牌のうち、場風牌(ばかぜはい。南場の時の南など)ではなく、自風牌(じかぜはい。西家のときの西など)でもない残りの風牌をオタ風といいます。

例えば、自分が東3局南家であったとすると、西と北はオタ風ということになるわけです。字牌は数牌と違って横に繋げて使うことが出来ず、その中でもオタ風は3枚重ねたとしても役にならないため、もっとも要らない牌とされるのですが、いくつか有効な使い道があります。

まずは雀頭(じゃんとう)。オタ風は役牌(やくはい。3枚重ねると役になる字牌)ではないため、対子(といつ)になっても符(ふ)がつきません。つまりオタ風の雀頭は平和(ぴんふ)の邪魔をしないわけです。字牌の雀頭は他家からリーチ等を受けた時、比較的安全な牌となり、切ることで2順しのぎ、回れるため心強いアイテムです。

他には、七対子の待ち牌としてよく使われます。字牌、とくにオタ風はリーチしていても安易に切られることが多いためです。オタ風はそもそも利用価値が低いので当たりにくいという意識がありますし、振り込んでも高い手とは思わないというのもあります。このため七対子でリーチする場合はオタ風(1枚切れがベスト)が良いとされているのです。

他にも、混一色やチャンタの時のシャンポン待ち、単騎待ちにはいいですね。早い順目でのリーチでオタ風待ちも上がり率高そうです。

オタ風はなんでオタ風というのか調べてみると、おたふく風邪(いらないもの)から来ているという説と、お宅の風(あなたの風)から来ているという説がありました。こういうのって真偽はわからないですよね。